ヒューリック杯棋聖戦 注目の渡辺棋聖VS藤井七段 第1局午前9時開始

 将棋の渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に高校生棋士、藤井聡太七段(17)が挑戦するタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第1局が8日午前9時から、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指される。

 今期の五番勝負は、現在の将棋界で最強ともいえる渡辺棋聖に、史上最年少でプロ棋士になった藤井七段が、史上最年少のタイトル挑戦となる17歳10カ月と20日で挑む。藤井七段の初タイトル獲得となれば、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を塗り替える。

 第1局は振り駒が行われ、先手と後手を決める。第2局以降、先後を入れ替えて対局が行われる。特に藤井七段は先手番での勝率が非常に高いことから、振り駒から注目される。

 通常、五番勝負は各地で行われる。しかし、今期は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全5局が東京と大阪だけで開催、前夜祭や大盤解説会は行わない。

 対局は、立会人である深浦康市九段(48)の合図で午前9時に開始。正午から1時間の昼食休憩を経て、午後1時に再開される。それ以降、休憩はなく、夜には終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ