マスク転売で初の逮捕者 ネットで怒りの声「厳罰を」「大損したのでは」「大赤字」

 取得価格を超える価格でマスクを転売したとして、岡山県警倉敷署と同県警生活環境課は1日、国民生活安定緊急措置法違反(衛生マスクの転売の禁止)の疑いで、高松市の会社役員(34)を逮捕した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄で同法が改正され、マスクを仕入れ価格より高値で転売することが3月15日から禁じられている。同法違反での逮捕は全国初で、インターネットでは怒りや驚きの声が相次いでいる。

 逮捕容疑は今年4月29日、輸入販売業者からマスク7万枚を1枚44円(計308万円)で仕入れて、岡山市内で知人の自営業男性(38)に1枚49.5円で1万4000枚(計69万3000円)を転売、同月30日に倉敷市内で別の自営業男性(38)に1枚50.6円で2000枚(計10万1200円)を転売したとしている。

 ツイッターやネット掲示板では「積極的に取り締まりお願いします」「厳罰でお願いします」「転売屋はとにかく排除していかないと」などと転売行為に厳しい意見が集まった。

 また、逮捕容疑となった1万6000枚の転売以外のマスクに目を向けるユーザーもおり「売る前だったなら大損ですね」「仕入れが300万円、売れたのが80万円だけなら大赤字」などと書き込む人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ