街や行楽地 活気徐々に 首都圏など解除後初の週末

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が全国で最後に解除された首都圏と北海道で30日、最初の週末を迎えた。大型商業施設が営業を再開するなど、繁華街や行楽地に徐々に活気が戻りつつある。

 東京・銀座三越など都内の各百貨店が営業を再開した。4月8日から休業していた伊勢丹新宿本店は営業時間を短縮し、入り口ではフェースシールドを着けた従業員が客の体温を測定、マスクの着用も求めた。午前11時の開店前には行列もできた。 

 千葉市美浜区の稲毛海浜公園では、早朝からマリンスポーツや散歩をする人でにぎわった。

 晴天の札幌市中心部は午前11時ごろに27・1度を記録。高齢者や家族連れの姿が目立った。営業を再開した大型商業施設「サッポロファクトリー」では、数十人が入り口付近で開店を待った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ