北九州・東京 新型コロナ第2波 強く警戒 GW明けに指標悪化

 新型コロナウイルスの感染者が一部地域で増加に転じ、流行の第2波の兆候かと危機感が強まっている。北九州市では29日に新たに26人が感染確認され、学校の本格再開の見送りや屋内施設の再休館が決まった。東京都では医療機関や「夜の街」のクラスター(感染者集団)が発覚し、29日の新規感染者は緊急事態宣言解除後最多の22人に上った。専門家からは大型連休明けに感染の流行状況を示す指標が悪化したとして警戒を促す声もある。

 29日に開催された政府の専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)がまとめた提言では「一部の地域では感染再燃の傾向がみられる」との懸念を明記。会議後の会見では、メンバーの押谷仁東北大教授が北九州市の感染の再拡大について、「(水面下で)感染の伝播が続いていたものが顕在化したとみられる」との見方を示した。

 北九州市では4月30日~5月22日は感染確認ゼロだったが、23~29日の新規感染者は計69人に達した。医療機関2カ所でクラスターが起きた一方、経路不明の感染者も多い。直近1週間の累積感染者数は28日時点で人口10万人当たり「4・59人」となり、緊急事態宣言再指定の目安の一つとされる「5人以上」に迫る。北橋健治市長は29日、「第2波のまっただ中にいる」と分析。「封じ込めに全力を挙げる」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ