リアル『翔んで埼玉』!? 政府諮問委「国内パスポート」構想 「現実的でない」と指摘も

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全面解除され、再流行の阻止と経済復活の両立が課題となるなか、政府の諮問委員会メンバーの経済学者が「国内パスポート」の発行を提言した。県境をまたぐ移動について安全性を担保する策だというが、江戸時代の関所か、リアル『翔んで埼玉』かと波紋を広げている。

 仰天アイデアを披露したのは、コロナへの基本的対処方針を検討する諮問委メンバーに選ばれた慶応義塾大学の竹森俊平教授=顔写真。20日の衆院予算委員会に参考人として出席し、新型コロナウイルスで観光ビジネスが打撃を受けているとしたうえで、「私だって温泉に行きたくてしようがないわけですから、需要はあると思う」と述べた。

 県をまたぐ移動に伴う安全性を担保する手法について竹森氏は「まず国内パスポート、手形みたいなものをどういう風に作るかというのが1つ」と提案、「どうやったら県をまたいで移ることができるか、緊急を事態宣言を解除すればそれでいいのか、あるいは駅にサーモグラフィーを置けばいいのか」という基準を模索する重要性を説いた。

 この構想に対し、ネット上では「関所を作るってこと?」との声や、東京と埼玉の都県境に関所があり、埼玉県民は通行手形がないと東京に入れないという設定のギャグ漫画『翔んで埼玉』を引き合いに出す反応が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ