「才能伸ばす福祉」目指す坂根匡宣さん

 「みなさんの生き生きとした姿を見るのが楽しく、日々、元気をもらっています」

 障害者の就労支援などに取り組む一般社団法人「ダイアロゴス」(大阪市西区)の坂根匡宣代表理事(46)。障害の程度に合わせた職業訓練で、障害者が働く場を得られるよう努めている。

 脳内出血で倒れた父親の介護を通じて福祉の必要性を感じていた27歳のとき、大阪保健福祉専門学校(大阪市淀川区)の社会福祉科に入学した。同級生のほとんどが9歳年下。福祉に対する価値観にギャップを感じながらも、カリキュラムが進むうちに解け合うことができ、個性あふれる講師陣にも恵まれて多様な福祉の在り方を学んだ。

 知的障害者施設などでのボランティアや、高齢者や障害者らを介護するグループホーム活動にも励んだ。高校卒業後に通ったコンピューター専修学校での知識や技術を生かし、視覚障害者向けの「パソコンボランティア」にも注力した。

 専門学校卒業後の平成17年に社会福祉士の資格を取得。社会福祉法人「日本ライトハウス」のITワークセンター施設長や視覚障害リハビリテーションセンターの生活支援員などを務めた。

 20年のリーマンショックで経済が低迷し、所得格差の拡大が指摘されるようになった21年、地域に根差した福祉を目指そうと障害者の就労支援をする企業「ソーシャルプランニング流」(大阪市西区)を設立。28年にはダイアロゴスを立ち上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ