エアリズムで手作りマスク「ひんやり」「涼しい」「縫いにくい」 ユニクロ公式商品は今夏にも発売

 公式の商品よりも、わが家の手作りマスク!? カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが24日、機能性肌着「エアリズム」の素材を使ったマスクを発売すると発表して話題になるなか、すでに「エアリズムマスク」を自作したという声がツイッターであがっている。

 同社のエアリズムブランドの商品は、通気性や速乾性に優れているのが特徴。エアリズムのマスクは今夏にも発売される予定で、価格などは明らかになっていない。気温と湿度が高くなる季節を前に、熱中症予防や着用感に着目した“夏マスク”の需要が高まっており、スポーツ用品大手のヨネックスもスポーツウェアの素材「ベリークール」を採用したスポーツフェイスマスク(税抜840円)を7月上旬に発売する。

 ツイッターには、ファーストリテイリングの発表の前後に「暑くなりそうなので、古いエアリズムで(マスクを)自作してみた」といった複数のコメントが、完成品の写真付きで公開されている。

 エアリズムの肌着などを型紙に合わせて切って縫い、ゴムを通してそのままマスクにする方法や、ハンカチなどで作った布マスクの内側に裏地としてエアリズムの生地を縫い付ける方法などがあり、作り方は人それぞれのようだった。「エアリズムの生地は縫いにくい」と指摘した人も少なくなかった。

 使い心地については「ひんやりと冷たくサラサラしてて気持ちいい」「さすがエアリズム、涼しい」などと、出来に満足したというコメントが見られた。手作りマスクに、今夏発売の公式商品と同じ効果を望めるかは分からないが、自作のエアリズムマスクは今夏のブームになりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ