ライブハウスは「3密を楽しむ場」経営者の苦悩

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生で「3密の象徴」ともされ、緊急事態宣言の解除後も自治体からの休業要請が続くライブハウス。大阪府は29日にも休業要請の解除を判断する方針だが、そもそもが出演者や観客の一体感を楽しむ施設。「早く再開したい。でも今まで通りの営業にはならないだろう」。経営者は期待と不安を口にした。

(小泉一敏)

 「これほどの期間、音がならなくなったのは初めて」。800人を収容するライブハウス「BIGCAT(ビッグキャット)」(大阪市中央区)のがらんとした会場を見渡し、経営者の岸本優二さん(45)がつぶやいた。

 3府県で計8軒を経営。ビッグキャットも、ほぼ毎日予定が埋まっていた。状況が一変したのは、2月中旬、大阪市内のライブハウスでクラスターが発生したことだった。予定が次々とキャンセルされた。

 一方、ビッグキャット以外の150人収容の小規模会場では、消毒や換気などの対策をした上でライブを開催。観客の感染が確認された場合に備え、来場者に連絡先の記入も求めたが、4月から府の要請を受けて8軒すべてを休業した。

 売り上げは3月が前年比9割減、4月からの収入はゼロに。賃料だけで月約2千万円にのぼる。社員やアルバイトは約100人だが、照明や音響のスタッフ、飲み物を提供する業者ら、休業が長引くほど影響は多方面に波及する。

 「かつてないほどライブハウスという言葉が使われているが、いい意味でないのは残念だ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ