奪われた高校「最後の夏」 IH中止の苦悩と葛藤

 甚大な影響をもたらしている新型コロナウイルスは、20日に中止が発表された全国高校野球選手権大会だけでなく、全国高校総合体育大会(インターハイ)も中止となるなど、部活動に打ち込んできた高校生の「夢舞台」をも奪った。一度きりの「最後の夏」を失った最上級生は、苦悩と葛藤の日々を送っている。(石原颯、飯嶋彩希、出口賢太郎)

 ■受験か競技か

 「どれぐらいのタイムが出たのか、自分はインハイ(インターハイ)に行けたのか。悔しいのが一番」

 陸上女子400メートル障害でインターハイ出場を目指してきた愛知県立瑞陵(ずいりょう)高(名古屋市)3年の前田明日香さん(17)は、現在の心境をこう吐露した。

 昨秋行われた東海新人大会で4位入賞。夏の東海大会で6位以内なら出場権が得られるインターハイを視野に練習に励む中、総体中止の一報が飛び込んできた。予選となる県大会や東海大会もなくなり「ショックで1週間ほどトレーニングができなかった」。

 現在は自宅近くの坂道を走ったり体幹を鍛えたりと週5回、自主トレで汗を流すが、次の大会がいつなのかも分からない。同期の陸上部員の半数が大学受験に備えて引退を決意。自身もインターハイの後、受験に切り替える予定だったが、競技続行か受験専念で揺れている。「もうすぐ学校が始まるので、部のみんなの意見を聞いて考えようと思っている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ