橋下徹氏「賭けマージャン無罪を閣議決定しろ」 黒川氏めぐる政権対応を批判

 元大阪府知事、大阪市長の弁護士、橋下徹氏(50)が23日、カンテレ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)に生出演し、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言中に賭けマージャンをした問題で辞職した東京高検の黒川弘務検事長(63)をめぐる政権対応を痛烈に批判した。

 弁護士として、「賭けマージャンって、そんなに責められることなんですかっていうのがあります」と前置きし、「お菓子とかラーメンとかは罪にならない。でも、法律の解釈として、1円でも10円でも現金を賭けたらアウト」と解説。

 その上で「黒川さんを罪にしないんだったら、内閣が閣議決定で『家庭内や友人間の賭けマージャンも、ある程度のレートは無罪にしますよ』っって宣言しないと」と憤った。

 「黒川さんだけ先に無罪放免してどうすんですか。もう、完全に法治国家じゃなくなった。『賭けマージャン、ゴルフでのにぎりも100円までは大丈夫だ』って法務省が言ってるんですよ」と「点ピン」と呼ばれる1000点100円のレートだったとする黒川氏の主張を容認したことに疑問符。

 「安倍さんは『これから家庭内、友人間の賭けマージャンはセーフです』っていうべき。事実上、これから捜査機関は(賭けマージャンで)国民を立件できませんよ」とまくしたてると、政治家時代に“天敵”だったスクープの週刊文春を「大嫌いだけど、よくやってる。(黒川氏の)首を取ったからね」とたたえた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ