中四国のデパート 4月は前年同月比6割減収

 中国四国百貨店協会(岡山市)は22日、中四国9県の加盟25店舗の売上高が、前年同月比で63・6%減の92億円となったと発表した。3月に続いて、統計のある昭和40年以降で過去最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた臨時休業や営業時間短縮が影響した。

 中国5県20店舗は同62・2%減の69億円、四国4県5店舗は同67・1%減の23億円だった。

 各店とも防疫措置を講じ段階的に営業を再開しているが、同協会の佐野嘉郎事務局長は「安全のためにはまだ客を集められる段階ではなく、見通しは立てにくい」と説明。6月に控えた中元商戦については「ネット販売の需要が、今まで以上に増えるのではないか」として、各店の対応に期待を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ