緊急事態宣言解除の大阪府内「そろり日常」

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が大阪府内でも解除されて一夜明けた22日、徐々に再開されつつある商業施設やレジャー施設などには、長かった外出自粛の“段階的解除”をはかる人たちが訪れた。各自治体も、「コロナ後」を見据えた日常復帰へのスケジュール策定の動きを加速。公共施設でも再開準備が進んでいる。

 大阪府の休業要請一部解除と政府の緊急事態宣言解除を受けて、富田林市は22日、市が運営する「富田林市農業公園サバーファーム」と観光交流施設「とんだばやしきらめきファクトリー」を、23日から再開すると決めた。市民総合体育館や多目的施設「すばるホール」などは26日から順次再開する。

 市は「公共施設は今後もリスクを避け、イベントは規模や内容なども考慮しながらの運営になる」と警戒を継続。サバーファームは今月中、屋内施設の閉鎖を続け、広場、花畑、バラ園など屋外施設を中心に営業する。

 近鉄富田林駅前の「とんだばやしきらめきファクトリー」は当面、観光案内所としての機能に特化し、地元産品の販売などは休止したまま。開館時間も短縮して午後6時までとする。担当者は「例年なら春の観光シーズン。再開はうれしいが、しばらくは様子見の運営になる」と話した。

 一方、約2カ月半ぶりに22日再開した同市立中央図書館。再開は府の図書館に対する休業要請解除決定を受けて15日に決まり、準備が進められていた。22日は午前10時の開館直後から、再開を待ちわびた市民らが訪れた。

 開館直後に来館した市内の主婦、北村純子さんは「やっと再開。読み聞かせ用の本を借りるのに利用しており、子供たちにも喜んでほしい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ