山本群馬知事「宣言解除は都道府県主導で」

 群馬県の山本一太知事は21日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を解除する際は都道府県知事が主導権を握ることが望ましいとの見解を示した。

 山本知事は「特措法の仕組みで足りないのは国と都道府県の役割分担だ。明確になっていない」と指摘。懸念される感染再拡大の「第2波」到来までに役割を整理すべきだと主張した。

 その上で、宣言を行う「入り口」については全国を俯瞰できる国が、「出口」に当たる解除については各地域の情勢を最も理解している都道府県知事がそれぞれ主導する形がふさわしいとの持論を展開した。

 山本知事は、感染者が多い東京都に県が地理的に近く影響を受けやすいなどの懸念から、政府に対し宣言解除の先送りを要望。14日に解除され、実現できなかった経緯がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ