京都、緊急事態宣言解除なら「休業要請もかなり解除に」

 京都府の西脇隆俊知事は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除後の休業要請について、「かなりの部分は解除になる」とする見方を示した。

 政府は大阪、京都、兵庫の3府県について、新規感染者が大幅に減少していることなどを理由に緊急事態宣言を解除する方向で調整している。西脇知事は京阪神で感染者の数は少なくなっているとして、解除された場合「感染リスクが少なく、府民生活に近いところから段階的に慎重に緩和していく」と述べた。

 その一方で、ライブハウスなど他府県でクラスター(感染者集団)が発生した施設については引き続き休業要請を継続する可能性も示唆した。京都府では、学生間でクラスターが発生したことや他府県からの流入も多いことなどから大学を休業要請の対象にしているが、これも継続されるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ