松井市長、緊急事態宣言の権限「知事は厳しい」

 大阪市の松井一郎市長は19日、新型コロナウイルス対策の特別措置法で首相の権限と定められている緊急事態宣言の発令と解除について「必要な財政的措置などを考えると、知事に権限を与えるのはちょっと厳しい」と述べた。市役所で記者団の取材に答えた。

 宣言をめぐっては大阪府の吉村洋文知事が「都道府県知事がやるべきだ」との見解を示している。これに対し、松井氏は「吉村知事の気持ちもわかるが、知事が権限を全部持っても、府域を所管するだけ。府県間の(人の)移動もあるし、国も巻き込んだ財政措置が必要となる」と指摘。宣言の発令と解除は首相が行い、事業者などへの要請などは都道府県知事が行う「(現状の)役割分担でよいと思う」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ