野外フェス「ロッキン」中止 「フジロックやスパソニは…」音楽ファンら動揺

 野外音楽コンサート「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の事務局は15日、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で8月8~10日に予定していた同イベントを中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた判断で、チケットの払い戻しに応じるという。開催中止を受けてネットでは、他のロックフェスにも影響するのではないかと不安がる声が出ている。

 同イベントは国内最大規模のロックフェス。昨年は5日間で33万人以上が来場した。今年は8日までに、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゴールデンボンバー、HYDE、サンボマスターなどの出演が告知されていた。

 同イベントの公式アカウントはツイッターで、会場の臨時休園が続いていることや、アーティストやスタッフの感染防止対策が困難なこと、大勢の来場者が感染リスクの高いとされるバスや電車を利用することなどから中止を決めたと説明。「この不安な非日常の先にある3日間は、私たちの日常を取り戻すためのポジティブなエネルギーに満ちた祝祭になるはずでした。それを実現できなかったことを、とても悔しく、残念に思います」と記し、無念さをにじませた。

 ツイッターユーザーの間でも大きな話題になり、同イベントの略称「ロッキン」がトレンド入り。中止を惜しむコメントと、イベントスタッフらへの励ましの声が多く見られた。「オンラインで開催してはどうか」などとイベントの配信を望む声も出ており、「(野外ロックフェスには)生にしかないものがある」「(会場内の複数のエリアでライブがあるので)オンラインなら移動が楽になる」などの意見が飛び交っていた。

 「ロッキン中止か…フジロックやスパソニも無くなるんかな…毎年夏フェスがあるのが当たり前になってたからな…」などと、8月21~23日に新潟県湯町沢の苗場スキー場で行われる「FUJI ROCK FESTIVAL ’20」や、9月19日から千葉市と大阪市で行われる「SUPERSONIC」など、他のイベントも中止になるのではと危惧する投稿も多かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ