「大倉パパ」がトレンド入り 鳥貴族社長「スッキリ」出演でエイター沸く

 14日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」に焼き鳥チェーン「鳥貴族」の大倉忠司社長が出演した。同社長は、アイドルグループ、関ジャニ∞の大倉忠義の父親としても知られており、同番組への登場は関ジャニ∞ファンを沸かせ、ツイッターでは「大倉パパ」がトレンド入り。ヤフーのリアルタイム検索でも上位にランクインするほどの盛り上がりを見せた。

 リモートで番組の取材を受け、コロナ禍での飲食業界のダメージについて語った同社長。同社では先月4日から直営店全393店舗で終日臨時休業しているため、4月の売り上げは「ほぼゼロ」だといい「(大企業も)いつまで持ちこたえられるかの勝負」などと窮状を訴えた。

 同社長と関ジャニ∞の大倉が親子なのはファンはもちろん、一般的にも広く知られており、同社を取り上げた4月30日放送のバラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)でも2人の関係は紹介された。この日の「スッキリ」では、経営者として新型コロナウイルスによる打撃や飲食業界の状況について語ったが、「大倉パパ出てきてビックリした!!」「スッキリみてたら、大倉パパ…はっ!!となったww」「パパーとテレビに向かって手をふったのは私だけじゃないはず…」とエイターと呼ばれる関ジャニ∞ファンは大盛り上がり。「大倉パパ声が似てる」「話し方も親子で似てますな」「穏やかな感じは親ゆずりなんだな」などと、似ているところをあげる書き込みも多く見られた。

 また「大倉パパも本当にすごい人だね 親子で別の世界で注目されているってスゴイ!」と感心する声や、「これ以上この状況が長引くと持ち堪えられないお店とか会社とか大変な数になると思う…」と同社長のインタビューを受け、今後を危惧する視聴者も。「営業再開したらいっぱい食べにいきます」といった投稿も多数あった。

 鳥貴族は298円(税抜)均一の焼き鳥チェーン。1986年に大阪で創業し、2005年に東京に初進出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ