パチンコ店のガラス破損 店名公表後、石川県警捜査

 石川県が新型コロナウイルス特措法に基づき店名を公表した同県小松市のパチンコ店で12日、ガラスにひびが入り一部欠けているのが見つかった。同店は県警小松署に被害届を提出。同署は器物損壊事件の疑いもあるとみて捜査している。

 県は4月21日に新型コロナウイルス感染防止のためパチンコ店などに休業を要請、同店もいったん応じた。県はその後、休業を5月末まで延長するよう要請したものの、同店は同7日から営業を再開。県は9日に新型コロナ特措法45条に基づき、店名を公表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ