KADOKAWA「東京ウォーカー」など3誌休止へ ネットに広がる悲しみの声「かなりお世話になった」「栄枯盛衰」「時代の流れ」

 KADOKAWAのタウン情報誌「東京ウォーカー」「横浜ウォーカー」「九州ウォーカー」が、6月20日の販売をもって月刊での定期刊行を休止することが11日、明らかになった。公式ウェブサイトが発表した。今後はWEBサイト「ウォーカープラス」で引き続き各地区の最新情報を発信するとしているが、長い間、多くの読者を楽しませてきた同誌の休刊はネットでも大きな話題となった。

 サイトでは、今回の判断について「ウェブやSNSを使用した情報収集が主流となる中、生活者の行動様式の変化に伴い、メディアのデジタルシフトによる情報発信力の強化を図ることを考慮したもの」と説明。「東海ウォーカー」と「関西ウォーカー」は刊行が継続されるが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、6月発売号は刊行が見送られ、次号の発行時期や形態については「改めて決定する」としている。

 SNSには3誌の休刊を残念がるネットユーザーの書き込みや昔を懐かしむ投稿が相次ぎ、ツイッターでは「東京ウォーカー」がトレンド入り。「俺がずっと買ってる雑誌がどんどん消えてくなー」「よく読んでたから、残念」「初期の東京ウォーカーにはかなりお世話になったなぁ」「栄枯盛衰。諸行無常…パラパラめくって思いがけない記事との出会いが楽しかったりしたものだが」「高校、大学時代は毎週買っていたなぁ…」などのツイートが寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ