新型コロナで入院中の赤江珠緒さんが退院

 新型コロナウイルスに感染し入院していたフリーアナウンサーの赤江珠緒さん(45)が退院したことが6日、パーソナリティーを務めるTBSラジオの番組「赤江珠緒たまむすび」で報告された。

 赤江さんは番組に「ご心配をおかけしましたが、このたび退院となりましたので、取り急ぎご報告いたします」とメッセージを寄せた。今後は自宅療養し、体力の回復を目指すという。

 赤江さんはメッセージに追記する形で、「自分自身が患者となり、医療現場の最先端の臨床医の方々の声があまり世の中に出ていない現状を感じました」と問題提起。医療現場の声が広く伝わることを願った。

 赤江さんは4月15日に発熱や味覚障害などの症状が出て自宅療養。26日に肺炎を起こしているとして入院していた。テレビ朝日「報道ステーション」のスタッフを務める赤江さんの夫も新型コロナウイルスに感染し、入院していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ