群馬、7日連続で感染ゼロ 知事「油断禁物」ツイート

 群馬県は4日、新型コロナウイルス感染の有無を調べた同日のPCR検査の結果はいずれも陰性だったと発表した。7日連続で感染が確認されなかったが、山本一太知事は自身の短文投稿サイト「ツイッター」で、「もっとよく状況を見極める必要がある。油断は禁物だ」とコメントした。

 県衛生環境研究所が行ったPCR検査は今月1日が38件、2日が32件、3日が29件。4日は17件にとどまった。

 こうした状況を踏まえ、山本知事は「PCR検査の件数が少なくなっているのが気になる」と感想をつぶやいた。

 県内の感染者は146人(うち16人が死亡)。新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府の緊急事態宣言が31日まで延長されたことを受け、山本知事は5日に臨時会見を行う。県の具体的な措置内容について説明する予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ