神奈川県警、感染の60代警部補が死亡 新型コロナ

 新型コロナウイルスに感染していた神奈川県警藤沢北署の警備課の60代男性警部補が亡くなっていたことが4日、同県警への取材でわかった。新型コロナウイルスに感染した警察官の死亡は全国で初めてとみられる。

 県警警務課などによると、男性警部補は3月29日に発熱や倦怠感(けんたいかん)などの症状が現れ、PCR検査を受けたところ、4月7日に陽性が判明した。同日夜に症状が悪化し、入院先の病院では人工呼吸器を装着し、治療を受けていたが、3日に亡くなった。

 男性警部補は再任用で、署員の指導などを担当していた。同署では、刑事課の50代男性警部補の感染も確認されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ