新型コロナ退散!妖怪アマビエクッキー販売

 大阪府箕面市の洋菓子店「ハートフル」が、姿を見ると疫病を鎮めるとされる妖怪アマビエを描いたクッキーを販売し、話題になっている。売り上げの全額を新型コロナウイルス対策のために寄付するという。

 アイシングという技法でデコレーションされたクッキーで、アマビエの胴体をピンク色に、3本の足を青色に配色し、かわいらしい姿に仕上げた。

 すべて手作業で、計300枚の数量限定。「普段助けてもらっているご近所さんに喜んでもらいたい」と、いずれも同市の西宿本店、彩都店の2店舗で販売する。

 売り上げは大阪府の「新型コロナウイルス助け合い基金」に全額寄付する。オーナーでパティシエの伊藤隆さん(43)は「新型コロナ対策に取り組んでいる方々に少しでも役立ちたいという願いを込めました」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ