10万円給付の手続き、千葉・市川が一番乗りでスタート

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、10万円の一律給付などの緊急経済対策を盛り込んだ2020年度補正予算案を政府が国会に提出した27日、早くも千葉県市川市が10万円支給のための市独自の申請受付を開始した。手続き開始は熊本県産山(うぶやま)村とともに全国で最も早い。同村は同日、全647世帯に申請書類を郵送、早ければ30日に支給する。北海道東川町では金融機関と協力する形で、28日にも全国最速の支給が見込まれる。

 生活に困っている人のため、国に先駆けて市川市が動いた。

 10万円の「特別定額給付金」は27日の時点で住民基本台帳に記載がある人を対象に支給される。そのため市川市は同日に申請受付を開始。独自の取り組みで、市の公式サイトから申請書をダウンロードして必要事項を記入、身分証明書のコピーを添付して郵送で申し込む。「3密」防止で窓口への持参は受け付けず、申請書は早ければ、28日に市役所に届く。

 市川市民の反応も早かった。市のコールセンターなどには電話が約20回線あるが、一時つながらない状態に。コールセンターには27日午後5時までに約170件の問い合わせがあった。「ここまで反響があるとは」と特別定額給付金課の担当者は驚きを隠さなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ