オンライン診療、1万施設 厚労省がサイトに公開

 厚生労働省は24日、初診からオンライン診療を実施する全国の医療機関の一覧をホームページで公開した。自治体から報告があった施設を随時、追加するとしている。同日夜の時点で、奈良県を除く46都道府県で受診可能な医療機関は1万余りの施設に上った。

 オンライン診療では医師がスマートフォンなどの画面を通じて遠隔の患者を診察。外来の感染者が医療従事者らに感染させるリスクを減らし、医療崩壊を防ぐのが狙い。

 厚労省が新型コロナウイルス感染拡大を受け、収束までの時限措置として全面解禁に転換。公的医療保険の対象となる。対象は一般患者と、軽症や無症状の新型コロナウイルスの感染者で、宿泊施設などで療養する患者を想定している。

 各都道府県の医療機関は厚労省のサイトから閲覧できる。アドレスはhttps://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11037.html

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ