オーバーシュート、ロックダウン…コロナ禍で飛び交うカタカナ用語 「分かりにくい」の声も

 【経済インサイド】

 オーバーシュート、クラスター、ロックダウン…。新型コロナウイルスの影響が広がるにつれ、世間では聞き慣れないカタカナの専門用語が急に飛び交い始めた。感染で重症化しやすい高齢者にこそ伝えなくてはいけない情報が、カタカナ変換で逆に伝わりにくくなっているとの指摘もある。情報を正確に理解できなければ感染リスクの高まりにつながりかねず、丁寧な対応が求められる。

カタカナは「分かりにくい」

 「わざわざカタカナで言う必要があるのか?」

 河野太郎防衛相は3月24日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する用語として政府や自治体が「オーバーシュート」や「クラスター」といったカタカナの専門用語を多用していることに対し苦言を呈した。同月26日の参議院外交防衛委員会では、「年配の方をはじめ『良くわからない』という声を聞く」として、分かりやすい日本語を使うよう防衛省から厚生労働省に申し入れたことも明かした。

 河野氏は同月22日の自身のツイッターでも、「クラスター 集団感染 オーバーシュート 感染爆発 ロックダウン 都市封鎖 ではダメなのか」と提言。このつぶやきには6.8万回のリツイートと、24.8万の「いいね」を記録したことを考えると、多くの国民が河野氏の意見に賛同しているとみるべきだろう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ