タパス&タパスが大量閉店「悲しいです。悔しいです」 ネットも涙

 ジャパンフードシステムズ(東京都品川区)が運営する南欧料理レストランチェーン「タパス&タパス」が、新型コロナウイルスの影響で大量閉店することが22日、わかった。フェイスブックとツイッターの公式SNSアカウントで発表された。タコのキャラクターの看板で知られている同チェーン。SNSでは悲しみが広がっている。

 閉店するのは、鎌倉店、大船店、町田店、川崎DICE前店、吉祥寺店、経堂店、津田沼店、学芸大学店、自由が丘店の9店舗。東京・神奈川・千葉の1都2県で20店舗を展開していたため、およそ半数を閉めることとなった。

 両アカウントでは、9店舗を閉店することを知らせ「悲しいです。悔しいです。誰のせいでもなく。力不足です」とやりきれない思いを吐露。「タパス風スパゲッティおよび美味しいスパゲッティを提供できるお店を、1店舗でも残せるよう、いま必死に戦ってます」と苦境にあることを伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ