志村けんさん死去で気付かされた 葬儀での感染予防、規模縮小で関連業者に倒産も

 新型コロナウイルスの影響で葬儀のあり方が模索されている。新型コロナウイルスに感染して亡くなった方をどのように見送るのか。火葬への立ち会いの可否を含めた葬儀の進め方に統一基準はなく、病院や葬儀業者など関係者の判断に委ねられている。また新型コロナウイルスと無関係でも、葬儀会場は感染リスクが高まる「3密(密閉・密集・密接)」になりやすく大規模な葬儀や会食を避ける傾向にある。葬儀の規模縮小の影響で倒産する関連業者も出はじめてきた。

火葬に立ち会えず

 新型コロナウイルス感染による肺炎で3月29日に70歳で死去したタレントの志村けんさんの遺族は、棺で眠る志村さんに対面できず、火葬にも立ち会えなかった。兄の知之さんは31日、報道陣の取材に「感染するというからやむを得ない。残念です」と無念の思いを吐露した。

 厚生労働省は、新型コロナウイルスで亡くなった方の遺体の搬送や火葬に際して、遺体からの感染を防ぐため、遺体全体を覆う非透過性納体袋に収容し密閉することが望ましいとの通達を出している。火葬に際しても、遺族などの意向にも配慮しつつ、極力そのまま火葬するように努めるものとしている。不透明の納体袋では遺体と対面することはできない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ