進んだiPS臨床研究、「命を救う」新たな段階へ

 あらゆる細胞へ分化し、難病に対する「夢の治療法」として期待がかかる人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用研究が新たなステージに入った。1月に、大阪大の澤芳樹教授らの研究チームがiPS細胞から作った心筋シートを移植し心臓病を治す治験をスタート。生死に直結する臓器が初めて対象となった一方、満たすべき安全性の水準も一層高まっている。iPS細胞は「命を救う再生医療」の切り札となれるのか。(有年由貴子)

世界初の移植手術

 「徐々に免疫抑制剤を減らしつつあるが、容体は安定しており、安全性を含め経過は順調だ」。世界初となる治験を1月にスタートさせた澤教授は今月2日、術後の経過について産経新聞の取材にこう語った。

 1月に移植手術を受けた重い心不全の患者は、術後4週間で退院。新型コロナウイルスへの感染の懸念から一時再入院したが、容体は安定しており現在は退院し通常生活を行っているという。

 「20年間あらゆるサイエンスを積み重ねて治験に至った。一人でも多くの命が助かる医療技術にするための第一歩だ」。1月の会見で澤教授はこう強調した。

 心臓表面に移植されたシートは、新たな血管の形成を促し心臓の働きを改善させる効果が期待されている。チームは3年間で計10症例を重ねて安全性や有効性を検証、5年以内の実用化を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ