マスク着用、全国初の条例化 神奈川県大和市、新型コロナ感染拡大防止

 神奈川県大和市は16日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、「市おもいやりマスク着用条例」を制定したと発表した。議会の議決を経ない専決処分とし、16日に即日施行した。市によると、市民にマスク着用を促す条例は全国初とみられるという。

 同条例は、新型コロナウイルスの感染者で症状が現れない例があることを踏まえ、市民に感染拡大を防ぐためマスク着用に協力するよう求める理念条例。罰則規定はなく、実施期限は設けていない。

 市は、現時点で市民にマスクを配布する予定はないとしており、手作りマスクでの対応を求めている。

 大木哲市長は、同日の記者会見で、条例を制定した理由について「マスクを着用している人は百パーセントではない。周りの人へ感染させるリスクも高まり、他者を思いやる気持ちをもって取り組んでいただきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ