群馬 新型コロナ対策 県庁玄関で体温チェック システム試験運用

 群馬県は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県庁玄関に体温検知システムを設置した。体温が37・5度以上の職員や来庁者を検知し、入庁するのを控えてもらう。

 県によると、庁舎に入る人に指定した通路を歩いてもらうと、温度を測定できるシステムのセンサーとカメラが体温を瞬時に把握。37・5度以上の人がいた場合、警告音とともにパソコン画面に表示が出る。

 県は当面、試験運用を続け、本格導入につなげる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ