震災から4年…くまモンが熊本城の復旧伝える ネット「着実に一歩ずつ進んでる」「くまモンさんの存在ってやっぱり大きい」

 熊本県のPRキャラクター「くまモン」が14日、公式ツイッターを更新。熊本地震から4年となるこの日、熊本城の修復を伝える写真と「いろんなことがあるけど、皆さんと一緒に歩いていくモン!」などのメッセージを発信すると大きな反響を呼んだ。

 くまモンは「今日で熊本地震から4年」と切り出し、「たくさんの応援ありがとうございますだモン」と感謝。そして「復興に向けて一歩ずつこれからも進んでいくモン」と気持ちを新たに、背中越しに写る復旧作業中の熊本城の写真を公開した。

 このツイートには投稿から2時間で3500件以上のリツイート、8500を超える「いいね」が寄せられた。リプ欄にも「着実に一歩ずつ進んでるよね これからもみんなで力を合わせて頑張って行こうね」「きっとくまモンと一緒なら熊本の方々も心強いですね」「今日は忘れてはいけない1日だね。熊本に想いを馳せながら応援するんだモン」「復興の兆しが少しずつ見えてきて嬉しい限りです」などさまざまなメッセージが届いている。

 なかでも、復旧作業中の熊本城の姿に感銘を受けるネットユーザーが多く「熊本城かっこよくなってきたモン まだまだ応援していくモン」「熊本城の復興が進んでいることが、心に光をかざしてくれているモン」「復元される、熊本城見てると嬉しく思ってます」などの声。また「くまモンさんの存在ってやっぱり大きい…癒しにもなるしパワーにもなるよね」とくまモンの影響力を称賛する書き込みもあった。

 最大震度7、マグニチュード7.3で甚大な被害をもたらした熊本地震。同県のシンボルともいえる熊本城の被害は、県民のみならず多くの人の胸を痛めた。復旧作業が進み、昨年10月からは特別公開第1弾として、天守閣などの外観を公開。震災から3年半ぶりとなる熊本城の公開はうれしいニュースとして話題となった。現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、公開を中止。29日から予定していた第2弾も延期が決まった。

 再建に向け、作業が続く熊本城だが、「完全復旧」にはもう少し時間がかかる見通しだ。特に「第三の天守」と呼ばれる宇土櫓(うとやぐら)の復旧工事が難しく、完了は令和10~14年度中になり、城内全ての復旧は令和19年ごろまでかかるという報道もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ