電気グルーヴ、フジロック出演決定 ネット「復活うれしい」「中止になりませんよーに!」

 テクノユニット、電気グルーヴが、新潟県湯沢町苗場スキー場で開催される日本最大級の音楽フェス「フジロックフェスティバル’20」(8月21日開幕)に出演することが3日、明らかとなった。イベントの公式ホームページで同日、発表された。同ユニットは、メンバーのピエール瀧が昨年6月にコカインを摂取したとし、麻薬取締法違反罪で執行猶予付きの有罪判決を受けたが、同フェスが騒動後2人そろって初めてのライブとなる。

 同ユニットはイベント3日目、最終日のヘッドライナーとして出演。昨年も出演が予定されていたが、瀧の逮捕を受けてキャンセルに。石野卓球のみ、「TAKKYU ISHINO」名義で出演した。

 同ユニットの出演決定に、ファンは大盛り上がり。ツイッターには「ついに電気グルーヴ復活。フジロックさすが」「電気グルーヴ復活うれしい」「FUJIで復活とは!!涙が出てくる」「電気グルーヴ、ブチあがりそうだな」などと、喜びの声があふれた。

 しかし、同時に目立ったのが「延期とか中止になりませんよーに!」「2年連続で見れないなんて嫌すぎるから、ウイルスよ滅してくれ頼む」「ヘッドライナー電気グルーヴ嬉しいけど…そもそもコロナでヤバいのにフジロック出来るの!?」と、無事に開催されるかを心配する声だ。昨年は前夜祭を含め4日間で13万人が来場した大型イベント。新型コロナウイルスの感染拡大で、多くのイベントが中止や延期となっているため、8月の開催ではあるが、実施されるかを心配するファンも少なくない。

 同フェスのウェブメディア、富士祭電子瓦版では石野と瀧のコメント動画を公開。2人は今回の出演について「ありがたい」などと語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ