総額30万円で整備実現、小さな町のICTと遠隔教育 新型コロナで注目

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置を受け、学校や塾などと家庭をインターネット回線で結んで授業を行う遠隔教育が注目されている。終息が見通せない中、ICT(情報通信技術)を活用した遠隔教育の需要が今後高まる可能性もあるが、通信環境が地域や学校、家庭ごとでばらつきがあるなど課題も多い。

総額30万円で整備実現

 阿蘇山のふもとに位置する熊本県高森町。休校要請を受け、町内の町立小中学校と義務教育学校3校全ての児童・生徒計445人が遠隔授業を受けられるように、全世帯に無線LAN(Wi-Fi)環境を整備した。事業にかかった総額は30万円あまり。町の規模が小さく、家庭に無線LAN環境のないのが26世帯だけだったため、この金額となった。

 同町では平成27年度から、文部科学省の委託事業「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の向上に係る実証事業」に取り組み、補助金を受けて各校に電子黒板や通信環境を整備している。30年度までに児童・生徒に1人1台のタブレット端末が配布されていた。

 小中学校の校区が広い地方の山間部では、遠隔教育の需要が高い一方、人口が少なく必要な端末が少なくて済み、遠隔教育を進めやすい下地がある。同町教育委員会は「子供たちは比較的アレルギーが少なく、今回の措置に取り組めているようだ。先が見えないが、状況次第で新学期以降の運用も検討したい」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ