“首都封鎖”秒読み!? 政府の極秘試算で懸念される「メガクラスター」 識者「今後2~3週間が危ない」

 油断は禁物だ。中国発の新型コロナウイルスの感染拡大でパニック状態の欧米と比べると、現状では持ちこたえている日本だが、ここで自粛を緩めては元も子もない。関西ではオーバーシュート(爆発的な患者急増)への懸念から大阪府と兵庫県の往来自粛が要請されたが、首都圏でメガクラスター(巨大な感染者集団)が形成され、感染爆発すれば国家機能マヒに陥る恐れもある。識者は「2~3週間が危ないのではないか」と警告する。

                  ◇

 小池百合子都知事は23日、大規模イベントの自粛を来月12日まで続けることを確認、「感染の爆発的な増加を抑え、ロックダウン(都市封鎖)を避けるために不便をお掛けするが、ご協力をお願いしたい」と危機感をあらわにした。

 厚生労働省のクラスター対策班が21日に都へ示した分析結果は、現状の対策が続けば都内では4月8日までに患者が計530人、重症者が計41人出るとの試算だった。

 大阪府の吉村洋文知事がすでに公表している厚労省の試算では、大阪と兵庫で4月3日までに患者が3374人、うち重篤者が227人と記されていた。

 大阪と兵庫では3月20~22日の3連休に往来の自粛を要請したが、都内は花見の名所を中心に多くの人出があった。満員電車は時間帯によってはなお解消されず、東京では新宿や渋谷など繁華街も人出の多い状態が続く。

 「今後2~3週間が危ないのではないか」と問題を提起するのは、京都大学大学院医学研究科の村中璃子医師だ。

 「外出する人も増えているように見える。イベントの自粛の結果が見えてくるのはこれからで、どちらに転ぶかまだ見えないタイミング。本来なら、より慎重になるべきときだ」と指摘する。

 オーバーシュートを警戒すべき場所について前出の村中氏は、「危ないのは感染症指定病院ではなく、むしろ新型コロナとは関係がないと思われる診療科や病院だ。防護体制をとっていない病院で医療者の感染が起きれば、ただでさえ逼迫(ひっぱく)している貴重な医療資源が減るだけでなく、院内感染が起きる懸念がある。また、ライブハウスやカラオケだけでなく、換気設備の古いオフィスや飲食店など、換気の少ない密閉空間はクラスターを発生させる恐れがあるので、避けた方がよい」と助言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ