《新型コロナQ&A(1)》新型コロナってどんなもの?

Q 新型コロナってどんなもの? 

 風邪ウイルスと同類。肺炎の原因に 

 新型コロナウイルスによる感染症は中国湖北省武漢市で2019(令和元)年12月に発生が報告され、世界中で感染が拡大し、1万3千人を超える死者が出ている。

 人に感染するコロナウイルスはこれまで6種類が知られている。このうち4種類は風邪の原因の10~15%(流行期には35%)を占めるありふれたウイルスだったが、近年になって他に重篤な肺炎を引き起こす2種類が確認された。

 2種類はそれぞれ、「重症急性呼吸器症候群(SARS、サーズ)」「中東呼吸器症候群(MERS、マーズ)」の原因になる。SARSは02、03(平成14、15)年に中国を中心に流行し、MERSは12(同24)年以降発生している。

 新型コロナウイルスは、コウモリ由来とされるSARSやヒトコブラクダから広がったとされるMERSと同様に、動物由来との見方がある。新型コロナウイルスの遺伝子配列はSARSに近く、確定的な証拠はないもののコウモリが起源になった可能性があると考えられている。

 世界保健機関(WHO)は今年2月、新型コロナウイルスによる肺炎を「COVID19」と命名。「コロナウイルス病」の英語表記を略した「COVID(コビッド)」と感染が報告された年を組み合わせている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ