愛子さま高等科ご卒業

 天皇、皇后両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは22日、学習院女子高等科の卒業式に臨まれた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同校では出席者の人数を絞り、マスク着用を促すなどの対応を取っており、両陛下は臨席を控えられた。

 セーラー服姿の愛子さまはこの日午後1時前、学習院戸山キャンパス(東京都新宿区)にご到着。ほかの出席者と同様にマスクを着用し、「高校生活はいかがでしたか」という報道陣の問いかけに、「とても楽しく、とても充実した学校生活を送ることができたと思います」と応じられた。側近によると、愛子さまは式の後、同級生と一緒に教室で卒業証書を受け取られたという。

 4月には学習院大学文学部日本語日本文学科に進学される予定。

 愛子さまは22日、卒業に当たり、宮内庁を通じて文書で感想を寄せられた。文書では運動会や英国への短期留学といった在学中の行事を例に「かけがえのない思い出がたくさんできました」とご回想。大学では「より広い視野に立って、色々な分野に取り組んでいくことができればと思います」と期待を示された。

 両陛下も同日、愛子さまご卒業に際しての感想を記された文書を公表。愛子さまご在学中は「楽しく実り多い日々を送ることができた」として関係者に謝意を示す一方、新型コロナウイルスに触れ「我が国の国民、そして世界の多くの人々が直面している様々な困難や苦労に深く思いを致しています」とつづり、終息に向かうことを願われた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ