新型コロナウイルスで大阪の男性が死亡 府内2人目

 大阪府は22日、新型コロナウイルスに感染していた同府豊中市の70代男性が21日に死亡したと発表した。大阪府の検査で確認された新型コロナウイルスによる死者は2人目。男性には基礎疾患があり、死因は新型コロナウイルス肺炎だった。

 府によると、男性は6日に発熱などの症状が出て、10日に感染が確認された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ