新型コロナ禍で注目集める農水省 バズる動画やお得な取り組みで関心誘う

 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府や各省庁の呼びかけに注目が集まるが、中でも農林水産省の取り組みはネットで度々話題に。親しみやすい上に、消費者にとってもうれしい情報が多く、関心を誘っているようだ。

 今月2日には「牛乳乳製品の消費にご協力ください」「お手頃価格の野菜で健康維持を!」「お家やオフィスに花を飾ってみませんか?」などとツイッターやホームページで提案し、消費行動を呼びかけていた同省。親しみやすい言葉での“お願い”は反響を呼び、ネットの声を見るかぎり、実際に行動に移したネットユーザーも多いようだ。

 同様に“バズった”のが、12日にユーチューブ上で公開した動画だ。同省では「BUZZ MAFF ばずまふ」と題したユーチューブチャンネルを運営しており、このチャンネルでは同省職員がスキルや個性を生かし、日本の農林水産物の魅力などを発信している。

 19日の時点で55万回視聴された「農水省から皆様へのお知らせ」というタイトルの動画は、花の消費を呼びかけるといった内容。新型コロナウイルスの影響で卒業式などが中止となり、花の需要が減少していると訴え、花を飾ることを提案するのだが、終盤には画面いっぱいの花に囲まれ、花を髪に差したり、花冠をしたりした男性職員らの姿が映し出される。そのオチが「農林水産省、めちゃがんばってる!」「思わず声に出して笑ってしまったぞ。凄く真面目にやってるのが逆にじわじわくる」「やるなーこのユーモア」と視聴者の笑いを誘った。

 同チャンネルでは、さつまいもの魅力を伝えるシリーズや、現役官僚がたった一人で作る無謀な手作りアニメシリーズなどユニークなコンテンツが充実。連日、新しい動画が公開されており、更新頻度も高い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ