兵庫県知事も往来自粛要請 仕事は「不要不急にあたらず」

 兵庫県の井戸敏三知事は19日夜に会見し、「大阪との不要不急の往来を自粛してほしい」と述べ、新型コロナウイルス感染の爆発的増加を防ぐため、県民にさらなる対応を要請した。

 井戸知事は、国の専門家チームの対策として兵庫-大阪間の往来自粛が挙げられていたとし、「新型コロナウイルスに関してはお互いに協力していくことが大切だ」とした。

 一方、今回の往来自粛要請について「『三連休だけ』と期限を区切っているわけではない。不要不急の往来を避けてということで、今まで(の方針)と趣旨は変わっていない」と説明。仕事での往来は「不要不急」には当たらないとの認識を示し、「必要なものを避けてとは言っていない。非常にまっとうな要請だ」として、市民生活を大きく制限するような趣旨のものではないと強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ