群馬・伊香保グリーン牧場で赤ちゃんヒツジ続々誕生

 群馬県渋川市の「伊香保グリーン牧場」で、ヒツジ(コリデール種)の出産がピークを迎え、赤ちゃんのヒツジが母親にまとわりつくようにして元気に遊んでいる。

 同園は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、19日まで臨時休園していた。ヒツジの出産は2月12日から始まり、今月20日のオープンまでに約50頭の赤ちゃんヒツジが誕生した。

 新型コロナウイルスの影響で、4月だけで学校などを中心に数千人のキャンセルがあったというが、広報の宮崎道代さんは「4月上旬までにあと20頭ほど生まれる予定。お母さんに甘える赤ちゃんに会いに来て」と話している。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ