死んだ動物約60体埋めて処理 六甲山牧場

 神戸市立六甲山牧場(神戸市灘区)を運営する同市の外郭団体「神戸みのりの公社」は19日、牧場内で死んだ動物約60体を、内規に違反して敷地内に埋めて処理していたと発表した。動物の死骸は産業廃棄物として、家畜保健衛生所や処理業者へ運搬する規定となっていた。

 公社は、繁忙期で運ぶ手間を惜しんだことや内規の不徹底が主な原因と説明。「そばに置いてあげたいという、弔いの気持ちがあった」とする飼育員もいた。

 公社によると、牧場に勤務する20~40代の飼育員が平成25年から昨年までの間、一般客が立ち入りできない複数のエリアにヒツジやヤギ、豚、ウサギ、アヒル、モルモットの死骸を埋めていた。死因は主に老衰や死産だった。

 また28~30年には、牧場の乳牛からしぼった食品として使用できない乳を、一般客には未開放のエリアに散布して捨てていた。

 いずれも廃棄物処理法などに抵触する可能性があり兵庫県警灘署に申告した。公社は牧場や周辺の水質・土壌調査では異常はなかったとしている。

 神戸市が各外郭団体に要請した不正の有無に関する調査の中で、職員アンケートや情報提供窓口への相談から発覚した。

 牧場は六甲山上の広大な敷地に乳牛やヒツジ、ヤギなどが放牧され、家畜とふれあうことができる施設として人気がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ