大阪で新型コロナ感染の70代男性が死亡 府内で初めて

 大阪府は19日、新型コロナウイルスに感染し、府内の医療機関に入院していた大阪府東大阪市の70代男性が18日に死亡したと発表した。男性には基礎疾患があり、入院後に重症となっていた。府内の感染者で死亡が確認されたのは初めて。

 府によると、男性は2月17日に発熱と下痢の症状があり、翌18日には呼吸困難になった。19日に府内の医療機関で肺炎と診断されたため、別の医療機関に入院。3月4日に検査を受けて新型コロナウイルス感染が判明した後は、指定医療機関に転院していた。

 東大阪市保健所が濃厚接触者らを調べていたが、感染経路は不明という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ