東京五輪「延期」をG7容認!? 安倍首相、事実上の“内諾”得たか…「完全な形で実施」と開催時期は明言せず トランプ大統領も「ウイルス最悪期は7月か8月」

 中国発の新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)を受け、東京五輪(=開会式7月24日)が「延期」される可能性がさらに高まった。安倍晋三首相は日本時間16日夜、ドナルド・トランプ米大統領ら主要7カ国(G7)の首脳と緊急テレビ電話会議を行い、事実上の内諾を得たとみられる。トランプ氏は会議後、ウイルスの最悪期について、「7月か8月ごろになるのではないか」と語った。G7は今後、治療薬やワクチンの開発を急ぐとともに、世界経済への打撃を回避するため、十分な経済財政政策を実行する共同声明を発表する。国際オリンピック委員会(IOC)も17日以降、緊急の電話会議を開く。

                  ◇

 「オリンピックについては、『人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証し』として東京オリンピック・パラリンピックを『完全な形で実現する』ということについてG7の支持を得たところです」

 安倍首相は17日未明、史上初のG7首脳による緊急テレビ電話会議後、官邸で記者団の取材に応じ、こう語った。

 記者団が「五輪開催の時期は?」を聞いたところ、安倍首相は「『完全な形で実施する』ということでG7で一致したところであります」といい、時期は明言しなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ