ローラアシュレイ経営破綻にSNS悲鳴「愛用してたから悲しい」「憧れてたのに号泣」

 英生活雑貨・衣料ブランドで、日本でも人気の「ローラアシュレイ」が17日、経営破綻することが明らかになった。同日、英メディアが一斉に報じた。日本でも同ブランドの経営破綻は衝撃を与え、ツイッターのトレンドに「ローラアシュレイ」が入るなど、嘆き悲しむ投稿が相次いだ。

 報道によると、経営破綻は、新型コロナウイルスの感染拡大で販売などが「深刻な打撃を受けた」ため。2700人の雇用が失われる恐れがある。

 故ダイアナ妃も愛用していたという同ブランドは、花柄のデザインが特徴。日本でも根強い人気を誇っていた。

 日本ではイオン(当時ジャスコ)が1986年から子会社を通じて直営店を出店、販売してきたが、2018年、ライセンス契約が切れることを機に撤退。その後、伊藤忠商事がマスターライセンスを取得。ワールドグループのワールドライフスタイルクリエーションがマスターライセンシーの伊藤忠商事とサブライセンス契約を結び、20年8月頃に公式店舗を出店すると発表されていた。

 日本からの撤退時も話題となったが、経営破綻報道を受け、SNSには「ショックだわ。お花柄可愛くて好きだったのにな」「ローラアシュレイの経営破綻ツライ…」「衝撃すぎる。愛用してたから悲しい」などと悲しみの声が殺到している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ