ゴッホ展が再開 29日まで兵庫県立美術館

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休館していた兵庫県立美術館(神戸市中央区)のゴッホ展(産経新聞社など主催)は17日、再開した。29日まで無休。

 感染症対策として同美術館は消毒液の増設、ドアや手すりなどの除菌強化、スタッフの検温とマスク着用などを徹底。体温37・5度以上の方などの入館自粛のほか、手洗いなどを来館者に呼びかける書面を掲示した。

 混雑緩和のため、同美術館では公式オンラインチケットなどで入場券の事前購入を推奨。また休館日の月曜日も開館し、混雑時には入場制限を行う。政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、美術鑑賞は感染のリスクが低い活動とされている。

 開館時間は午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで、入場は閉館30分前まで)。問い合わせは同美術館(078・262・0901)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ