コロナの影響で「うなぎパイ」製造ライン停止! 品薄恐れネット悲鳴「今こそ通販を解禁して」「高額転売来るぞ」

 浜松市のお土産の定番「うなぎパイ」を製造・販売する菓子メーカー「春華堂」(同市中区)が13日までに、「うなぎパイ」の製造ラインを21日まで停止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減少したためで、ネットでは、“品薄”を恐れる多くのファンから悲鳴があがっている。

 “夜のお菓子”というキャッチコピーで親しまれている「うなぎパイ」。同社が1961年に販売をスタートさせ、一家の主が家を空けることが多かった高度経済成長期に「せめて夜には『うなぎパイ』を食べながら団らんの時間を作ってほしい」という願いを込めて、このコピーがつけられた。「夜の~」といっても精力増強など意味合いはない。また、うなぎの出汁をパウダー状にした「うなぎ粉」が原料に含まれている。

 この一報を受け、ツイッターでは「うなぎパイ」がトレンド入り。ヤフーのリアルタイム検索では「春華堂」が上位にランクインするなど、生産ラインの休止はネットユーザーたちの関心を集めた。

 SNSには「マジか!?」といった驚きの声や、「うなぎパイ好物だから残念」「好きだからショック。絶対再開してな」といった書き込みが。また、「うなぎパイ大好きなのに~コロナめ~」「うなぎパイ生産中止なん!?マジで?コロナめぇえええ!!!」など、コロナウイルスに対する恨み節も目立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ