孫正義氏「マスク100万枚寄付」また波紋 称賛の一方で「ある意味買い占め」「工場を建てて!」

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が12日、品薄状態が続くマスクを100万枚、介護施設などに寄付するとツイッターで表明した。すでに「海外の工場に直接発注」したという。新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる孫氏の発言は一部で“豪快”すぎる面もあっただけに、新たな提案にもさまざまな意見が集まっている。

 孫氏は11日、約3年ぶりにツイッターを更新。新型コロナウイルス感染の有無を調べる「簡易PCR検査」のキットなどを100万人に提供したいと投稿した。だが、多くのネットユーザーから医療現場に混乱を招くと猛反発を受けて同日「検査したくても検査してもらえない人が多数いると聞いて発案したけど、評判悪いから、やめようかなぁ」と撤回を示唆するコメントを残していた。

 その翌日に、あるネットユーザーが検査キットよりもマスクを配ったほうがいいと投稿したのに応じる形で「やりましょう。マスク100万枚寄付します。介護施設と開業医へ。調達の為の発注完了」とツイート。自民党の片山さつき参院議員も同日、「先ほど9時過ぎに、孫さんサイドからご連絡があり、ご本人もツイートされたとの事ですが、まずはマスク100万枚を、介護現場用等に発注されたそうです。具体的には、内閣官房のマスク・チームに託して、配分してもらう方向。早速チームを差配している方に連絡をしておきました!」と投稿した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ