世界で猛威をふるう新型コロナ…NBA選手、ユベントスDF、トム・ハンクスも「陽性」 SNS「もう誰が感染しててもおかしくない」

 新型コロナウイルスの感染が、世界のスポーツ界、エンタメ業界にも広がっている。

 米プロバスケットボール(NBA)は現地時間11日、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、同12日からレギュラーシーズンを中断すると発表した。ユタ・ジャズの選手1人が同11日に検査で陽性と判断されたことを受けて、中断措置に踏み切った。

 また、感染拡大が続くイタリアでは、サッカー1部リーグ(セリエA)のユベントスが同11日、DFダニエレ・ルガーニが新型コロナウイルスで陽性と診断されたと発表した。ロイター通信によると、セリエAの選手で初めての感染者となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イタリアではコンテ首相が同9日、セリエAなど同国のスポーツイベントを4月3日まで中止すると発表していた。

 これらのニュースは日本でも大きく扱われ、12日、ツイッターでは「NBA中断」などのワードがトレンド入り。ヤフーのリアルタイム検索では「NBA」や「ユベントス」などが上位に入り、ネットユーザーの関心の高さをうかがわせた。

 SNSには「NBA選手やユベントスの選手までコロナ感染って…」「ユベントスの選手も出たしNBAもシーズン中止ってなかなかヤバいことになってきた」など、驚きのコメントが多数。今後の展開を不安視するネットユーザーからは、「MLBも危ないなぁ」「もしメジャーがシーズン中止になったら日本だけ野球できるか?そして、オリンピックできるか?」「ユベントスに続きジャズで…いよいよオリンピック中止が現実味を帯びてきた…」などの声が上がった。

 さらに、新型コロナウイルスの感染は米エンタメ業界にも及び、米俳優で映画監督のトム・ハンクスが同11日、滞在先の豪州で新型コロナウイルスの検査を受けたところ、陽性だったと明らかにした。自身のインスタグラムで公表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ