農水省の新型コロナ対策に反響 「グッジョブ!」「推せる」と称賛集まる

 農林水産省は2日、公式サイトや公式ツイッターアカウントで新型コロナウイルス感染症に関わる対策やお願いを発信。この情報が話題となっている。

 新型コロナウイルスの影響で、食料品の不足や買い占めが心配されているが、同省は「食料品は不足していません!」と断言。「米、カップ麺、冷凍食品などは現在、通常通りの生産・供給を行っています。製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています」と説明した。

 さらに、具体的な行動として「牛乳乳製品の消費にご協力ください」「お手頃価格の野菜で健康維持を!」「ハレの日には国産牛肉を!」「お家やオフィスに花を飾ってみませんか?」などと提案。政府の要請を受けて多くの小中学校が休校となったことから、学校給食用牛乳の休止による牛乳と乳製品の需要減少が懸念されていることなどに触れつつ、消費行動を呼びかけた。

 ほかにも、卒業式や送別会が中止や縮小になるなか、ホワイトデーに合わせて、花を飾ることを勧めたりしている。

 この発信はネット上で話題に。ツイッターでは「農林水産省がすごい頑張ってる!」「これはいいリリース!農林水産省グッジョブ!」「農林水産省さんのおかげで和んだ」「ファンになったわ。ツイッターの中の人良い仕事してる」「農林水産省、推せるな」と称賛が寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ